最近あなたの暮らしはどう

吉本芸人ななまがりの「キモお兄さん」MVが話題に 同性愛嫌悪助長のおそれ(追記あり)

 

f:id:syrup23g:20180822170218j:plain

~心が辛いのでタイトル画像は睨みつけるネコでお送りします~

概要

吉本所属の芸人「ななまがり」の動画がツイッターで話題になっていました。ブログを書くために数回再生してしまったし、再生回数のお手伝いはしたくないのでキャプチャ画像を貼ります。YouTubeで「ななまがり キモお兄さん」と検索すると出てくる動画です。  (8/22追記) 動画が非公開になったようです。ななまがりのお二人のtwitterで謝罪が投稿されています。

 

f:id:syrup23g:20180822161906p:plain

画像はスクリーンショットです。

動画1:17から

♪キーモキモキモ修学旅行♪

「すきな子だれ?」

「言わないよ」

「言えよ」

「言わないよ」

「言えよ」

「お前だよ」

「キモッ」

♪キーモキーモキモキモッキモッ

 と繰り返される短いリズムネタ。観ていると自分の脳細胞が死んでいく音が...なんでもないです。

この「キモお兄さん」が顔は濃い青ひげ風メイクでとんねるずの「保毛尾田保毛男」スタイルを踏襲しつつ、服装は上半身裸でジャージ、という「ゲイ」と「職質される不審者」を掛け合わせたようなスタイル。現実とかけ離れたゲイのステレオタイプを体を張って(?)演じつつ、オチはキモッだけ。きつい。2018年によくここまで直球ホモフォビックなネタを発表できたなあ、というのが率直な感想です。

この動画の問題点は「同性を好きになることはおかしい」「ゲイはあなたを狙っている」という今までなんども否定されてきた偏見に満ちた価値観を小中学生や高校生のこどもに広めてしまう恐れがあること。実際にコメント欄に「TikTokから来た」という書き込みがあったり、関連動画で小学校低学年に見える小さな男の子の「やってみた」動画が出てきたりしました。そしてセクシュアリティを自覚したり、疑問に持ち始めたばかりの子にとって地獄のような動画だと思います。女子高時代に親友にガチ恋してた私も半分ぐらい涙目だよ、ホント。この動画をアップロードしているのは吉本興業が「ラフ&ピースミュージック Laugh & Peace Music」名義で出しているチャンネルで、チャンネル概要欄をみると「よしもとアール・アンド・シーでは、吉本興業の芸人ソング・音ネタ・リズムネタなどを 『Laugh & Peace Music』として配信事業各社の聴き放題サービスを使って配信開始します!」とのこと。ビートルズのガチファンというわけでもないので、いつもなら「ああ語呂合わせね、OK」としか思わないんですが、さすがにこれじゃあ世界平和を歌ったジョンレノンも草葉の陰で泣いてるんじゃないの。まあ仏教徒じゃないと思うから比喩の使い方が正しくないような気もするが。

話が逸れてしまいましたが、性的少数者を「周縁の性的逸脱者」「アブノーマルな『趣味』の人々」扱いして際どい笑いをとる(そして平和が訪れるのを望む???)ようなネタはもう古いし、許容されない、という態度をこれからも示していけなければいけないなあと思います。ていうかこっちだって好みがあるんだからね!なんで「狙われてる」前提なんだよ...

 

追記

 「ななまがり」の二人が個人名義のtwitterアカウントで謝罪し、22日22時現在、当該の動画は閲覧できない状態になっています。

 これで一件落着かな。twitter界隈で局地的に話題になってから、一日ぐらいで動画を非公開にした迅速な対応は素晴らしい。企業広報にありがちな「誤解を招きかねない表現だったならお詫びします」という定型文よりずっと人間味が感じられる言葉でよかった。このブログ記事を書いたのは叩きたい、炎上させたいという気持ちからではなく、現実とかけ離れたデフォルメが「笑い」としてメディアやライブ会場などで流布するのは間違ってると思ったからだった。テレビに出る側の人がマジョリティじゃない側の人間をすこしでも想像してくれたら、社会が居心地がいい方向に変わっていけるのかなと思う。あとはやっぱり、非ヘテロ女性として発言してしていく必要性を感じました...頑張るぽょ...